WWEネットワークと棲ごす日々

It is WWE impression blog as seen from Japanese Pro-Wrestling fan. WWEはニュー・エラ!「RAW」「SMACK DOWN」2ブランド制の復活、各2ブランドそれぞれのPPVイベント、NXTのPPVイベントがあり、クルーザー級クラシックも開催。WWEはもっと面白くなりますが、コンテンツが多すぎてちゃんとついていけるように、リマインダー的なブログを始めました。

CWC(CRUISERWEIGHT CLASSIC): BRACKETOLOGY JULY 6, 2016 ダニエル・ブライアンが飯伏幸太を激推し!これは優勝もあるか!?

f:id:wwe-shunya:20160812013548p:plain

 

マウロ・ラナーロ、ダニエル・ブライアンとトリプルHを含むスペシャル・ゲストが「クルーザー級クラシック」に参加する32選手のトーナメント戦を解説します。

 

いよいよスタートする、世界中のジュニア戦士を集めたWWE版「スーパーJカップ」である勝ち抜きトーナメント戦「クルーザー級クラシック」の煽り番組。ダニエル・ブライアンやトリプルHをホストに全参加選手の紹介や見どころを解説!番組タイトルの「ブラケットロジー」とは「トーナメント論」とでも訳せば良いのか。WWE側も飯伏幸太をゲキ推しのようで、下手すりゃ「優勝」もあり得る!飯伏のほか日本人選手はWWE復帰のタジリドラゴンゲートの戸澤陽が参加。日本マットに馴染みがあるのは元NOAHのザック・セイバーJr.、新日本に参加したマスカラ・ドラダ(グラン・メタリック)、橋本真也ZERO-ONEレオナルド・スパンキーとして人気だったブライアン・ケンドリックあたりでしょうか。以下、参加全選手を記載しておきます。

・グラン・メタリック(マスカラ・ドラダ) ・TAJIRI ・ザック・セイバーJr. ・ノーム・ダー ・飯伏幸太 ・セドリック・アレキサンダー ・ダ・マック ・トニー・ニース ・ズンビ ・クレメント・プショー ・ファビアン・アイクナー ・ハーヴ・シラ ・ガルフ・シラ ・TJパーキンス ・リッチ・スワン ・タイソン・ダックス ・ドリュー・グラック ・ブライアン・ケンドリック ・戸澤陽 ・ジャック・ギャラガー ・ジョニー・ガルガノ ・トーマソ・シャンパ ・何顥麟(ホー・ホー・ルン) ・アンソニー・ベネット ・リンセ・ドラド ・ショーン・マルタ ・ラウル・メンドーサ ・ケネス・ジョンソン ・アレハンドロ・サエス ・ダミアン・スレーター ・ジェイソン・リー ・アリヤ・ダイバリ


  WWEネットワーク加入ガイドはこちらから