WWEネットワークと棲ごす日々

It is WWE impression blog as seen from Japanese Pro-Wrestling fan. WWEはニュー・エラ!「RAW」「SMACK DOWN」2ブランド制の復活、各2ブランドそれぞれのPPVイベント、NXTのPPVイベントがあり、クルーザー級クラシックも開催。WWEはもっと面白くなりますが、コンテンツが多すぎてちゃんとついていけるように、リマインダー的なブログを始めました。

WRESTLEMANIA 33 APRIL 02, 2017 「レッスルマニア33」は、ジ・アンダーテイカー「人間宣言」で「引退」、ゴールドバーグとレズナーの「けじめマッチ」、ハーディー・ボーイズの復帰戦がハイライト!

f:id:wwe-shunya:20170403222244p:plain

 

レッスルマニア33」フロリダ州オーランド「キャンピング・ワールド・スタジアム」で7万5千人の大観衆を集め開催されました。とにかく今大会で印象的だったのはその「花火」の量。日本の「花火大会」の如く、凄まじい量の花火が採算度返しで打ち上げられました!個人的な予想ですが、花火だけで5000万円から1億円くらい使っているのではないかと想像します。すべての試合が「PPV」メイン級の試合なので、それに相応しい演出。WWEの「気合」を感じた年間最大イベントでした。

 

"Wrestle Mania 33" Organized in Orlando, Florida "Camping World Stadium" was held to collect large crowds of 75,000 people. Anyhow the amount of "fireworks" that was impressive at the convention. Like fireworks festival in Japan, a tremendous amount of fireworks was launched with profitability return! Personally, I imagine that fireworks alone is about 50 million yen to 100 million yen. Since all matches are "PPV" main grade matches, it is suitable for it. It was the biggest event of the year when I felt WWE's "spirit".

   


 

 

◼️ シングル戦

AJスタイルズ vs シェイン・マクマホン

WWE王座陥落した腹いせから、GMシェイン・マクマホンに一騎打ちを迫ったAJスタイルズ、両者の決着戦!試合はシェインお得意の総合格闘技ベースの打撃、関節を中心の攻めにAJが応えた形。AJはお得意のフェノメナル・フォアアーム(フライング・エルボー)に持って行こうとするがことごとくシェインがいなす。最後はシェインの場外エルボー、シューティング・スター・プレスをかわしたAJがフォアアームを決めピンフォール勝利。敗れたGMシェインのこれからの動きに注目です。

 

□ AJ Styles defeated Shane McMahon

AJ Styles that urged GM Shane McMahon to fight one after the WWE Championship collapsed, and the final of both matches! The game is a form in which AJ responded to Shane's favorite mixed fighting base batting, joint-centered attack. AJ tries to take it to the special Phenomenal Forearm (Flying Elbow), but all Shane tells us. In the end, AJ who passed Shane's off-site elbow, shooting star press decided the Forearm and won the pinfall. It is paying attention to the movement of the defeated GM Shane from now.

 

◼️  US王座戦

クリス・ジェリコ vs ケビン・オーエンズ

仲直りと裏切りを繰り返す「ベスト・フレンズ」。ほとんど「トムとジェリー」状態ですが、WWEユニバーサル王座から陥落したケビン・オーエンズが、クリス・ジェリコのUS王座に挑戦する「決着戦」。試合はクリスとケビンの「プロレス頭」を駆使した味わいのある攻防を見せてくれましたが、最後は反則ムーブであっさりとケビンがUS王座を奪取しました。クリスは自身のバンド「Fozzy」の活動再開でWWEは一時休業との噂ですが、次回ペイパー・ビュー・イベント「ペイバック」でリマッチも決定しています。今後の動向が気になります。

 

□ Kevin Owens defeated Chris Jericho (c)

 "Best Friends" repeating reconciliation and betrayal. Although mostly "Tom and Jerry" state, Kevin Owens, who has fallen from the WWE Universal Championship, will challenge Chris Jericho 's US Championship "final match". The game showed offense with a taste that used Chris and Kevin's "Pro-Wrestling Head" but at the end it was a foul play and Kevin grabbed the US Championship quietly. Chris is a rumor that WWE is temporarily closed due to resumption of his own band "Fozzy" activity, but we have also determined a rematch at the next pay-per-view event "Payback". I am concerned about the future trend.

 

◼️ RAW 女子王座戦 フェイタル4ウェイエリミネーション

ベイリー vs シャーロット・フレアー vs サッシャバンクス vs ナイア・ジャックス

RAW女子王座を巡る、ベイリー、シャーロット、サッシャの争いにナイア・ジャックスが参戦。フィジカル的にはWWE女子部門の中では一番のナイアが新王者に就くか注目されましたが、最後は「女王」シャーロットと、圧倒的なベビーフェイスであるベイリーの一騎打ちで、ベイリーが王座防衛。

 

□ Fatal four-way elimination match for the WWE Raw Women's Championship Bayley (c) defeated Charlotte Flair, Nia Jax, and Sasha Banks

 

Nia jax participates in the fight of RAW women's Championship, Bayley, Charlotte, Sasha. Physically it was noted that Nia, the biggest among the WWE womans division, took over as a new champion, but at the end it was the "Queen" Charlotte and the overwhelming baby face Bayley's one-on-one, and Bayley's throne defense .

 

◼️ 2017年 WWE ホール・オブ・フェイム受賞者お披露目

カート・アングル、セオドア・ロング、ダイヤモンド・ダラス・ペイジ、ベス・フェニックス、ラビシング・リック・ルード、ロックンロール・エクスプレス

 

□ 2017 WWE Hall of Fame winners will be announced

Kurt Angle, Theodore Long, Diamond Dallas Page, Beth Phoenix, "Ravishing" Rick Rude, The Rock 'n' Roll Express

 

◼️ RAW タッグ王座 フェイタル4ウェイ・ラダー戦

 ルーク・ギャローズ & カール・アンダーソン vs セザーロ & フェイマス vs エンツォ・アモーレ & ビッグ・キャス vs ハーディ・ボーイズ

 

何故か「ラダー」を使った展開となった「RAWタッグ王座」を巡る抗争ですが、全てはレッスルマニアにおける「ハーディーボーイズ」登場の布石だったとはさすがWWE!当初は3ウェイ戦でしたが、試合前に急遽4ウェイ戦に変更、「ハーディーズ」が登場した時の観衆の爆発ぶりは凄かった!試合も他の3チームが順番に「レジェンド」ハーディーズにお手並み拝見とばかりに攻めていきますが、ハーディーズは現役のスーパースター達と全く遜色ない動きを見せます。最後は「命知らず」のジェフ・ハーディが、セザーロ & フェイマスに、大型ラダー最上段からの場外スワントーン・ボムを決め、ハーディーズが王座奪取。インパクト抜群のWWE復帰戦であると同時に、レッスルマニア前半戦のハイライトだったと言えるでしょう!見応えありました。

 

□ The Hardy Boyz (Matt Hardy and Jeff Hardy) defeated Luke Gallows and Karl Anderson (c), Cesaro and Sheamus, and Enzo Amore and Big Cass

 

It is a conflict over the "RAW Tag Championship" which was developed using "ladder" why, but everything is a pedestal for the appearance of "The Hardy Boyz" in Wrestle Mania, but as expected it is WWE! Originally it was a three-way battle, but suddenly changed to a 4-way fight before the game, the crowd's explosion when "Hardyz" appeared was amazing! Three other teams will sequentially attack the 'Legend' Hardyz with just a look and see, but Hardyz shows a movement that is not inferior to the active superstars at all. At the end, Jeff Hardy of 'Destiny' decided Swanton Bomb from the top of the large ladder to Cesaro & Sheamus, and Hardyz take the championship. At the same time as being a preeminent WWE return battle, it could be said that it was a highlight of the first half of the Wrestle Mania! It was worth seeing. 

 

【A MUST FOR TRAVEL】 Use your phone and apps in Japan!

 

 

◼️ ミックスドタッグ戦

ジョン・シナ & ニッキー・ベラ vs ザ・ミズ & マリース

 

非常に珍しい、プライベートでもカップル同士であるベビーフェイスとヒール二組による抗争の決着戦。試合は前半ミズ組がずる賢く立ち回り、後半はシナ組がデュエット攻撃でミズ組を撃破するという典型的な「ベビー・フェイス・マッチ」ではありましたが、想像以上に心に響く試合でした。試合後シナはニッキーにプロポーズ。当然ニッキーは受け入れます。本当の「結婚」をストーリーラインに盛り込む。シナもニッキーもビジネスとプライベートを等価で大観客の前で見せた、これは相当な覚悟です!シナがニッキーにエンゲージリングをはめた時は心が震えました。リアルと演出を超えたのがプロレスなんです!凄いシーンでした。

 

□  John Cena and Nikki Bella defeated The Miz and Maryse

Very unusual, a private and couple baby face and a settlement of conflict by two pairs of heels. It was a typical "baby face match" in which the first half Miz's wandered crisply and the second half was a typical "baby face match" that duels the Miz's with a duet attack, but it was a game that felt more than imagined. After the game Cena proposes to Nikki. Naturally Nikki accepts. Include real "marriage" in the story line. Both Cena and Nikki showed business and private at the equivalent of the business and the big audience, this is considerable prepared! My heart trembled when Sena put an engagement ring on Nikki. It is professional-wrestling beyond realism and production! It was a terrible scene.

 

◼️ ノンサンクションド戦

セス・ロリンズ vs トリプルH

 

右膝に爆弾を抱え(実際に大怪我をしている)レッスルマニア出場も危ぶまれた、セス・ロリンズ復帰戦の相手は「年に一度」が定着した師匠トリプルH。年に一度の試合にも関わらず見事な肉体に仕上げてきたトリプルHはさすがプロフェッショナル。「ノンサンクションド戦」とは、セスが試合中に大怪我しようとも、トリプルHを法的に訴える事ができないという意味ですが、試合はオール反則OKのエクストリーム戦といった趣き。実際、場外戦や凶器攻撃を中心としたラフな前半戦から、後半はお互いの必殺技「ペディグリー」を仕掛け合う攻防が見応えのある一戦でした。場外に置かれた「テーブル」にトリプルHがステファニーを突き落としたシーンがハイライト。トリプルHの動揺を誘ったセスが、師匠越えのペディグリーを決めて勝利!全体的に「オールドスクールの奥義」を見せつけれた一戦でした。セスの右膝が本当に回復したかどうかはこれからの展開で明らかになるでしょう。

 

□ Seth Rollins defeated Triple H (with Stephanie McMahon)

Triple H. "Mr. T. Horse" who was holding a bomb on his right knee (actually injured) and also was forced to participate in Wrestle Mania, the opponent of Seth Rollins return tennis "once a year" established. Triple H who finished in a stunning physical body despite the game once a year is a truly professional. "Non-Sanctioned Match" means that even if Seth is seriously injured during the game, it means that you can not legally appeal Triple H, but the game is like the Extreme Battle of All Foul Foam OK. In fact, from the rough first half of the game centered on off-site warfare and weapon attacks, the latter half was a battle where the battle against which each other's deathbed technique "Pedigree" got on each other was a wonderful match. The scene where Triple H thrusts Stephanie to "table" placed outside the field is highlight. Seth who invited the upset of Triple H decided Pedigree over the master and won! It was a battle that showed the "mystery of old school" overall. Whether Seth's right knee has really recovered will become apparent in future developments.

 

◼️ WWE王座戦

ブレイ・ワイアット vs ランディ・オートン

 

レッスルマニア33」に至るストーリーラインの中で、最もオカルト的な展開を見せたのがブレイ・ワイアットとランディ・オートンの抗争。2000年代のWWEを支えたスーパースターがWWE新王者ワイアットから王座を奪取し、再びWWEレギュラーのトップに返り咲くか、注目の決着戦!試合はワイアット中心に展開し、例の「変なブリッジ」をするとリング上に幼虫やミミズ、ゴキブリ(コオロギに見えましたが。。。)の映像が映し出されるという演出が盛り込まれ、なかなかランディの見せ場がありませんでしたが、最後は逆転のRKOを決め、ランディがWWE王座に返り咲きました。正直、WWEユニバースの新王者ランディへの反応はイマイチな印象です。これからランディがどれだけ巻き返していくか、期待したいと思います。

 

□ Randy Orton defeated Bray Wyatt (c)

In the story line leading to "Wrestle Mania 33", the most striking development was the conflict between Bray Wyatt and Randy Orton. A superstar that supported the WWE in the 2000's took the throne from WWE's new champion Wyatt and again returns to the top of the WWE Regular, or the final settlement of attention! The game developed in the center of Wyatt, and the example of "funny bridge" included a directive that images of larvae, earthworms, cockroaches (could be seen as crickets ...) were projected on the ring, and it was quite easy for Randy Although there was no point of view, the final decided the reverse RKO, Randy returned to the WWE Champinship. To be honest, the response to WWE universe 's new champion Randy is a very impressive impression. I would like to expect how much Randy will come back from now.

 

◼️ WWEユニバーサル王座戦

ゴールドバーグ vs ブロック・レズナー

 

レッスルマニア33」最注目の大一番!WWEユニバースにはこの一戦にはトラウマがあります。2004年の「レッスルマニア20」において両者のシングル戦が組まれましたが、その試合をもってふたりともWWE退団が決定していたため、試合そっちのけでブーイングの嵐が巻き起こりました。そんな「トラウマ」を払拭すべく、「改心」したふたりによる「けじめマッチ」は、レズナーのジャーマン・スープレックスとゴールドバーギのスピアーを交互に繰り出す肉弾戦を展開!最後はレズナーのジャーマン10発の後のF-5で、レズナーが新WWEユニバーサル王者となりました。ゴールドバーグはこれにてWWE参戦は一旦終了ですが、WWEからの評価は高いようで、今後時間を置いて復帰する含みは持たせているとの事です。見応えありました!

 

□ Brock Lesnar (with Paul Heyman) defeated Goldberg (c)

"Wrestle Mania 33" Most notable biggest! WWE universe has trauma in this round. In the 2004 "Wrestle Mania 20" both singles fought together, but since both players had decided to leave the WWE, the booming storm came rolling over with the game. In order to dispel such "trauma", "Tortoise match" by two who "converts" develops a meat bullet fight that alternates out Lesnar's German Supurex and Goldberg Spear! In the end, Lesnar became the new WWE Universal champion at F-5 after 10 of Lesnar 's German. Goldberg is now finished with WWE participation, but the evaluation from WWE seems to be high, and it is said that we have inclusion to return in the future. There was a wonderful experience!

 

◼️ スマックダウン女子王座6パックチャレンジ戦

アレクサ・ブリス vs ベッキー・リンチ vs ミッキー・ジェームス vs ナタリア ve カーメラ vs ナオミ

 

元々は本戦前の「プレショー」にラインナップされていましたが、何故か「セミファイナル」に組み込まれたスマックダウン女子王座戦。王者アレクサ・ブリスを含む6人の選手が参加し、勝利を得たものが新王者となります。さすがにゴールドバーグ vs レズナーと、アンダーテイカー vs ロマン・レインズという「大一番」の間では「休憩」的な位置づけなのは致し方ない。6人も参加しているのに試合内容も5分程度で、さしたるインパクトはなく、最後は地元フロリダ出身のナオミが新王者に輝き観衆からのまずまずのリアクションを得ましたが、選手達にとっては少々気の毒な試合だったと思います。

 

□ Naomi defeated Alexa Bliss (c), Carmella (with James Ellsworth), Mickie James, Natalya, and Becky Lynch

Originally it was line-up to the "pre-show" before Preliminary matches, but why is it a smackdown woman's Championship warfare incorporated in "semi-final" somehow. Six players including the champion Alexa Bliss participated, and the one winning was the new champion. Indeed it is inevitable that it is a "break time" position between Goldberg vs Lesner and Undertaker vs Roman Rains "the biggest". Even though six women participated, the game content was around 5 minutes, there was no significant impact, and at last the Naomi from the local Florida shone as the new champion and got a reasonable reaction from the audience, but for the players I think that it was a bit pitiful game.

 

◼️ ノー・ホールズ・バード戦

ジ・アンダーテイカー vs ロマン・レインズ

 

WWE史上最高の「ギミック」であるアンダーテイカーが「最後」の相手に選んだのは、WWEの将来を背負う逸材ロマン・レインズ。ド派手なアンダーテイカーの入場時におけるレインズの「泣きそうな」表情がこの一戦の結果を物語ります。試合は「何でもあり戦」とあって、場外戦やイス攻撃を中心としたラフな展開でしたが、最後はレインズのスピアー3発でピンフォール勝ち。アンダーテイカーの見せ場である「むくり」も弱々しく力尽きました。試合後、アンダーテイカーは試合コスチューム脱ぎながらひとつずつリング中央に重ねていきWWEユニバースに無言で「引退」を示唆します。WWEユニバースの多くが意味を察知し涙する者も多数。「レッスルマニア33」は、アンダーテイカーの「人間宣言」にて幕を閉じるという、若干ウェットな雰囲気で終了しました。

 

□ Roman Reigns defeated The Undertaker

WWE 's best "gimmick" The Undertaker chosen as the "last" opponent is Roman Raigns who is shouldering the future of WWE. Reign's 'crying' expression when entering a loud undertaker will tell the result of this fight. The game was "No Holds Barred match", it was a rough expansion centering on off-site warfare and chaos attacks, but at the end it wins Pinfall with three Spears of Reigns. "Turning" which is the point of view of undertaker also weakly exhausted. After the match, The Undertaker will pile one at a time to the center of the ring one after the game costume, and silently suggest "retire" to the WWE universe. Many of the WWE universes are aware of the meaning and are crying. "Wrestle Mania 33" ended in a slightly wet atmosphere that closes the curtain with "human declaration" of The Undertaker.

 

 

【海外にWWE観に行くならwi-fiは必須!日本で借りて海外で使う格安海外用レンタルWi-Fi特集!】

 

ハワイでもLTE×大容量500MBプランが980円【jetfi】日本への電話かけ放題機能も搭載!

 

格安の海外用WiFiはWi-HO!

  

海外WiFiレンタルのエクスモバイル

  

【格安】パケット定額1日300円から【格安】海外でインターネットするならグローバルWiFi!

 

海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

 

 

若葉号 WWEレッスルマニア決算詳報号 2017年 5/20 号 [雑誌]: 週刊プロレス 別冊

 

WWEネットワーク加入ガイドはこちらから