読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WWEネットワークと棲ごす日々

WWEはニュー・エラ!「RAW」「SMACK DOWN」2ブランド制の復活、各2ブランドそれぞれのPPVイベント、NXTのPPVイベントがあり、クルーザー級クラシックも開催。WWEはもっと面白くなりますが、コンテンツが多すぎてちゃんとついていけるように、リマインダー的なブログを始めました。

週刊プロレス2017/4/5号 WWE Wrestle Mania Week Special 開催会場のGoogleマップを貼り付けたのでオーランド行くつもりで地図で調べてみよう!トリバゴでホテル探しもやってみよう!ネットがあれば日本から遠く離れたフロリダ行くのも簡単さ!

ペイパー・ビュー・イベント レッスルマニア

f:id:wwe-shunya:20170323224953p:plain

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊 プロレス 2017年 4/5号 [雑誌]
価格:549円(税込、送料無料) (2017/3/23時点)


 

 

場所はすべてオーランド

3/30(THU)

WWE Perfomance Center All Access(9:00 WWE Perfomance Center)

Google マップ

 NXT所属選手参加

 

AXXESS(18:00 Orange County Convention Center )

ランディ・オートン、サシャ・バンクスなど参加

Google マップ

 

3/31(FRY)

AXXESS(17:00 Orange County Convention Center )

セス・ロリンズ、中邑真輔など参加

 

⭐️ Hall Of Fame(19:30 Amway Center)

Google マップ

 

4/1(SAT) 

AXXESS(8:00 Orange County Convention Center )

マン・レインズ、サモア・ジョーなど参加

 

AXXESS(13:00 Orange County Convention Center )

AJスタイルズクリス・ジェリコなど参加

 

AXXESS(18:00 Orange County Convention Center )

ディーン・アンブローズ、ブレイ・ワイアットなど参加

 

⭐️ NXT Take Over Orland (20:00 Amway Center)

 

4/2(SUN) 

AXXESS(8:00 Orange County Convention Center )

カート・アングル、エッジなど参加

 

⭐️ Wrestle Mania 33 (17:30 シトラス・ボウル)

Google マップ

 

4/3(MON)

⭐️ RAW (19:30 Amway Center)

 

4/4(TUE)

⭐️ Smack Down (19:45 Amway Center)

 

4/5(WED)

⭐️ NXT (18:30 ウィンターパーク)

 

 

 

All places in Orlando

3/30 (THU) WWE Perfomance Center All Access (9: 00 WWE Perfomance Center)

Participating in the NXT belonging player

AXXESS (18: 00 Orange County Convention Center) Randy Orton, Sasha Banks etc. Participate

 

3/31 (FRY) AXXESS (17: 00 Orange County Convention Center) Seth Rollins, Shinsuke Nakumura etc. participation  

⭐️ Hall Of Fame (19: 30 Amway Center)

 

4/1 (SAT) AXXESS (8: 00 Orange County Convention Center) Roman Reigns, Samoa Joe etc. Participation  

AXXESS (13: 00 Orange County Convention Center) AJ Styles, Chris Jericho etc. Participation  

AXXESS (18: 00 Orange County Convention Center) Dean Ambrose, Bray Wyatt etc participation  

⭐️ NXT Take Over Orland (20: 00 Amway Center)  

 

4/2 (SUN) AXXESS (8: 00 Orange County Convention Center) Participate in Kurt Angle , Edge, etc.  

⭐️ Wrestle Mania 33 (17: 30 citrus · bowl)

 

4/3 (MON) ⭐️ RAW (19: 30 Amway Center)  

4/4 (TUE) ⭐️ Smack Down (19: 45 Amway Center)  

4/5 (WED) ⭐️ NXT (18: 30 Winter Park)

 

 

今から、来週フロリダに行くつもりなの?本気なの?それならホテル予約サイトのトリバゴでホテル取ればいいじゃん!

 

WWE FASTLANE 2017 MARCH 05, 2017 ゴールドバーグが新WWEユニバーサル王者になり、「レッスルマニア」でブロック・レズナーとの王座戦が決定!

ペイパー・ビュー・イベント

f:id:wwe-shunya:20170310231402p:plain

レッスルマニア」前、最後のPPVイベント「ファストレーン」がウィスコンシン州ミルウォーキーで開催されました。

The last PPV event "Fast Lane" was held in Milwaukee, Wisconsin before "Wrestle Mania".

 

 

◼️ シングル戦

サミ・ゼイン vs サモア・ジョー

NXTから昇格を果たしたサモア・ジョーがいよいよPPVマッチデビュー!相手は「名勝負製造機」サミ・ゼイン。ジョーはNXTでメインを張っていた実力派の元王者ということもあってか、「RAW」ファンからの支持も上々の様です。久々の本戦という事もあり、ジョーはかなりコンディションも良く、技を的確に決めていきます。最後はコキーナクラッチ(スリーパーホールド)で、レフェリーストップ勝ち。終わってみればジョーの圧勝。最近、これ以上のサミのプッシュは無くなるという噂もあり、これからのサミのポジションが気になります。

Samoa Joe who has promoted from NXT finally debuts PPV match! The opponent is Sami Zayn a name-producing machine. Joe is also a former champion of a skill who has kept the main in NXT, but there seems to be great support from "RAW" fans. There are things such as the main battle for a long time, Joe's condition is quite good, I will decide the technique precisely. At the end is Coquina Clutch (Sleeper Hold), winning the referee stop. Joe's victory is over as I finish. Recently, there are rumors that more push of Sami will be lost, and I am concerned about the future position of Sami.

 

◼️ RAWタッグ王座戦

カール・アンダーソン & ルーク・ギャローズ vs エンツォ・アモーレ & ビッグ・キャス

タッグ王座戦。王者「倶楽部」に、会場人気最高のエンツォ&キャスが挑戦。最後は「倶楽部」のヒール連携にやられましたが、エンツォ&キャスの王座戴冠はもうすぐかもしれません。「倶楽部」のふたりは「実力派の小悪党」というこじんまりとしたイメージが付きつつあります。メンバーの増員などでブレイクしたいところですが、今後の展開はどうなるのか、今のところ読めません。

Luke Gallows and Karl Anderson defended the Raw Tag Team Championship against Enzo Amore and Big Cass.. Enzo & Cass, the most popular venue, challenges the champion "Club". The end was hit by the heel collaboration of "club", Enzo & Cass' throne crowning may be near soon. The two of "club" are accompanied by a small image called "a powerful small gangster." I'd like to break by increasing the number of members, but I can not read about what the future development will be.

 

◼️ 女子シングル戦

サシャ・バンクス vs ナイア・ジャックス

WWEの女子部門で最もパワフルで重量感のあるナイアと、元「RAW女子王者」で人気は高いが怪我続きのサシャのシングル戦。試合は終始ナイアがパワーでサッシャを圧倒しましたが、最後は逆転のジャパニーズ式レッグクラッチホールドでサシャが辛勝。勝利したサッシャが「レッスルマニア」でトリプルスレット戦でRAW女子王座戦に割って入る模様です。

WWE's women's department's most powerful and heavy Nia and former 'RAW Women's Champion' are popular but Sasha's single battle with continued injury. Nia overwhelmed the powerful Sasha from the beginning, but Sasha won the game at the end with a Japanese type leg clutch hold of the reverse. The victorious Sasha seems to break into the RAW Women's Throne Battle in a triple thret match against "Wrestle Mania".

 

◼️ シングル戦

セザーロ vs ジンダー・マハル

ルセフとジンダー・マハルの抗争、今大会では両者別々にシングル戦を戦うことになりました。まずジンダー・マハルはセザーロと一騎打ち。ふたりとも長身でバランスの良い肉体を持ち、技も的確で良いレスラーですが、セザーロはイタリア系スイス人、ジンダーがインド系カナダ人とあって会場のノリはイマイチな雰囲気。最後はセザーロがカウンターのアッパーカットでピンフォール勝利。試合後ルセフがジンダーを滅多打ちで次のシングル相手を待ちますが、そこにサプライズ登場したのは。。。

Rusev and Jinder Mahal's struggle, both sides separately fought a single battle in this competition. First of all, Jinder Mahal fights with Cesaro. Both of us have a tall and well-balanced flesh, good skill and good wrestler, but Cesaro is Italian Swiss, and Jinder is Indian Canadian and the atmosphere of the venue is not good. Finally Cesaro wins Pinfall with uppercut of the counter. After the game Rusev waited for the next single opponent with rare rush of Jinder, but it was the surprise that appeared there. . . 

 

◼️ シングル戦

ビッグ・ショー vs ルセフ

ルセフのシングル戦の相手に大御所ビッグ・ショーが登場!エスニックな時間帯が続いたフラストレーションか、「USAコール」が大爆発!(ちなみにルセフはブルガリア系)試合はほぼビッグ・ショーワンサイドゲームチョークスラム3連発からコーナーに詰めてのKOパンチでピンフォール勝ち。ビッグ・ショーはコンディション良さそうですが、下半身の細さが気になります。膝もガチガチに固めている様ですし、今後セミレギュラーとして復活すると思われますが、あまり無理はして欲しくはないところです。

A big prize appeared on opponent of Rusev's single game! Ethnic time zone continued frustration, "USA call" exploded very! (Rusev is Bulgarian type by the way) The match is almost a one-side game of a Big Show. From three consecutive chokeslams, Pingfall wins with a KO Punch filled in the corner. Big Show seems to be in good condition, but I am concerned about the thinness of the lower body. It seems that the knees are also firming up in a tight spirit and it seems to be revived as a semi-regular in the future, but I do not want it too much.

 

◼️ WWEクルーザー級王座戦

ネヴィル vs ジャック・ギャラハー

WWEクルーザー級王座戦、安定の王者ネヴィルに「英国紳士」ジャック・ギャラハーが挑戦。ある意味、ネヴィルは「トータル・パッケージ」。素晴らしいバランスです。一方、ギャラハーの独特の英国流レスリングも素晴らしい。ギャラハーレスリングは、おそらくですが、若き日の藤原喜明レスリングに近いのではないか、と想像しています。思いっきりショーマンな見せ方もするギャラハーですが、身体中に生傷作って、血を流してのレスリングに嘘はありません。最後はネヴィルが最高のムーンサルト(レッドアロー)で勝利を得ましたが、ギャラハーの今後の試合にも注目です!

WWE Cruiserweight Championship, "stable gentleman" Jack Gallagher challenged the stable Neville. In a sense, Neville is "Total Package". It's a wonderful balance. Meanwhile, Gallagher's unique UK flow wrestling is also wonderful. Gallagher 's wrestling is probably, but I imagine that it is close to wrestling of young Yoshiaki Fujiwara. Although it is Gallagher who also plays a showman stately, there is no lie in wrestling in the body, wrestling by shedding blood. Lastly Neville got a victory with the best Moonsart (Red Arrow), but also Gallagher's future game is noteworthy!

 

 ◼️ シングル戦

マン・レインズ vs ブラウン・ストローマン

現在抗争中のブラウン・ストローマンとロマン・レインズ。いずれもビンス・マクマホンお気に入りの大型パワーファイター同士によるシングル決着戦!今、WWEが最もプッシュしているストローマンがレインズを圧倒しましたが、最後はストローマンのコーナー最上段からのボディプレス自爆で、レインズの逆転勝利となりました。

Current conflict Braun Strowman and Roman Reigns. Both Vince McMahon and one of the favorite big power fighters fight single! Right now, Strowman who pushed the most by WWE overwhelmed Reigns, but lastly it was a reversal victory of Reigns by a body press suicide bomb from the top row of Strowman's corner.

 

◼️ RAW女子王座

ベイリー vs シャーロット・フレアー

WWE女子部門「最高」のレスラーであるシャーロット・フレアー。今大会も素晴らしい仕上がり。ベイリーもかなり良い選手になりましたが、試合はシャーロットが圧倒。父親のリック・フレアーもシャーロットがこんなに良いレスラーになるとは夢にも思わなかったでしょうね。最後はサシャ・バンクスが乱入、シャーロットがサシャに気を取られている間に、ベイリーが場外、リング内とベイリー・トゥ・ベリーを連発で決め、王座防衛を果たしました。「レッスルマニア」ではベイリー、シャーロット、サシャのトリプルスレット王座戦になる模様です。

Charlotte Flair which is a wrestler of WWE womans division "highest". This tournament is also a wonderful condition. Bayley has become a pretty good player, but Charlotte overwhelms the game. Her father Ric Flair did not even dream that Charlotte would be such a good wrestler. At the end Sasha Banks rushed in, while Charlotte was taken care of by Sasha, Bayley decided on the inside of the ring, Bayley-to-Belly inside the ring and played the throne defense. In "Wrestle Mania" it seems to be Battle of Bayley, Charlotte and Sasha's triple thret throne.
 

◼️ WWEユニバーサル王座戦

ケビン・オーエンズ vs ゴールドバーグ

ゴールドバーグは長い試合はしない契約なのか、WWE復帰後も短時間の試合しかやっていません。少しでも爪痕を残すためにか、ケビン・オーエンズは試合前なかなかリングに入ろうとせず心理戦を仕掛けます。数分後やっとゴングが鳴った瞬間、クリス・ジェリコが登場。ケビンが気を取られている隙にゴールドバーグがスピアー、ジャックハマーの連発で王座奪取!30秒に満たない超短時間決着でゴールドバーグが新王者に!「レッスルマニア」ではゴールドバーグ vs ブロック・レズナーのWWEユニバーサル王座戦が決定しました。ゴールドバーグのカリスマ性は確かに素晴らしいですが、3分程度は試合をして欲しいものです。

Goldberg is a contract that does not play a long game, but after a return to WWE it is only playing a short game. In order to leave scratches even a little, Kevin Owens pretty much does not try to enter the ring before the game and will set up a psychological warfare. A few minutes later at the moment the gong rang, Chris Jericho appeared. Goldberg takes the throne in the gap where Kevin is distracted with a spear and a Jackhammer repeatedly! Goldberg is the new champion with ultra short time settlement less than 30 seconds! In "Wrestle Mania" Goldberg vs. Brock Lesnar's WWE Universal throne match has been decided. The charisma of Goldberg is certainly wonderful, but I want you to play the game for about three minutes.

 

 

格安スマホならUQ mobile

WWEネットワーク加入ガイドはこちらから

 

WWE ELIMINATION CHAMBER 2017 FEBRUARY 12, 2017 WWE屈指の変則デスマッチ「エリミネーション・チェンバー」戦でブレイ・ワイアットが新WWE王者に輝く。

ペイパー・ビュー・イベント

f:id:wwe-shunya:20170306005739p:plain

 

レッスルマニア」前の「スマックダウン・ライヴ」最後のPPVイベント「エリミネーション・チェンバー」がアリゾナ州フェニックスで開催されました。

 

⬛️ 女子シングル戦

ベッキー・リンチ vs ミッキー・ジェームス

昨年末のNXT「テイクオーバー・トロント」で王者アスカの刺客として復帰したWWEディーヴァ、ニッキー・ジェームス。その後「スマックダウン・ライヴ」で本格復帰し、今大会では初代「スマックダウン女子王者」ベッキー・リンチとシングル戦。最後は強引にベッキーが押さえ込んで勝利しましたが、全体的にはミッキーのしなやかなレスリングがミッキーを翻弄した印象。さすが元WWE女子王者。ベテランの味で魅せてくれました。

 

⬛️ 2対1ハンディキャップ戦

カリスト & アポロ・クルーズ vs ドルフ・ジグラー

ザ・ミズとのインターコンチネンタル王座戦を巡る抗争に一区切り付けたドルフ・ジグラーはヒールに転向。今後の方向性を模索していますが、今大会ではカリストとアポロ・クルーズと2vs1のハンデ戦を行いました。ジグラーはカリストの入場時を奇襲し、カリストはほぼ戦闘不能状態に。実質ジグラーとアポロのシングル戦の展開でしたが、最後にカリストが戦線復帰、アポロがフォール勝ちを収めました。ただ試合後、ジグラーがイス攻撃でアポロの足首を破壊。フォール負けしたイメージを一掃しました。ジグラーはヒールの方が持ち味を発揮できると思いますので、今後の展開に期待です。

 

⬛️ スマックダウン・タッグ王座ターモイル戦(勝ち抜き戦)

ブリーザンゴ vs ボードビレインズ vs ヒース・スレーター&ライノ vs ジ・ウーソズ vs  vs ジ・アセンション vs アメリカン・アルファ

 

スマックダウン・タッグ王座勝ち残り戦。1対1のタッグマッチで勝ったチームが次のチームと対戦します。上記の表記は最後が勝ち残ったチームです。まずはスレーター&ライノ組がブリーザンゴ、ボードビレインズを連続で打破。現在のWWEでは貴重なスーパーヘビー級のライノの肉体の張りは素晴らしく、WWEにはもう一花咲かせるポジションを用意して欲しいところ。最後はNXTから昇格したレスリング系エリートチームのアメリカン・アルファが勝ち残りで王座防衛しましたが、メジャーのリングでまだまだ本領を発揮できているとは言い難い印象です。

 

⬛️ 女子シングル戦

ニッキー・ベラ vs ナタリア

 昨年11月の「サバイバー・シリーズ」で試合前にナタリアの襲撃を受け、試合直前で欠場に追い込まれた(というアングル)、ニッキー・ベラとナタリアのシングル決着戦。女の意地を張り合ったタイマン勝負で、珍しく両者リングアウトの痛み分けとなりましたが、なかなかの好勝負でした。実はニッキーは首の具合が思わしくなく、「レッスル・マニア」での引退も噂されています。ニッキーの欠場アングルも彼女の怪我の具合が関係しているのかと思われます。いまいちパッとしなかったナタリアも「勝ち組」ニッキーへの嫉妬心丸出しの堂々としたヒールっぷりを見せ、良い味出てきました。

 

 ⬛️ シングル戦

ランディ・オートン vs ルーク・ハーパー

「ワイアット・ファミリー」総帥ブレイ・ワイアットとランディ・オートンがタッグを組んだ事で、その立場が微妙となったルーク・ハーパー。ワイアット・ファミリーとして活動しつつも険悪な空気となっていたふたりのシングル決着戦。「ロイヤル・ランブル」で優勝し「レッスル・マニア」でメインを張る事が決まっているランディにとっても負けられない一戦。試合はお互いの持ち技を駆使し、ヘビー級の醍醐味を見せてくれました。最後はRKOでランディがピンフォール勝利。しかしながらハーパーの健闘が光る一戦でした。今後のハーパーのポジションがちょっとだけ気になります。

 

⬛️ スマックダウン女子王座

アレクサ・ブリス vs ナオミ

エリミネーション・チェンバー」PPV、セミファイナルはスマックダウン女子王座戦!如何にWWEが女子部門に期待しているかがわかります。王者アレクサ・ブリスは小柄な体格ながらその気の強さは天下一品。新人としては異例、「NXT」からメジャー昇格後にいきなり王座を手にしました。挑戦者は黒人アスリート系選手のナオミ。今回ナオミが王座を奪取しました。王座奪取後のインタビューでナオミはマジの涙を流しました。女子選手や男子のクルーザー級は誰がスターになるかは未知数です。だから皆、平等にチャンスは回って一度はベルトを巻くのでしょう。しかし王者になった後のサバイバルこそ苛烈です。「レッスル・マニア」に向けて今回抜擢されたナオミの涙は「マジ」の涙です。

 

⬛️ エリミネーション・チェンバー戦

ジョン・シナ vs AJスタイルズ vs ディーン・アンブローズ vs バロン・コービン vs ブレイ・ワイアット vs ザ・ミズ 

 

WWEの中でも一風変わったデスマッチ「エリミネーション・チェンバー」戦。参加6選手の中で最後に勝ち残った者がWWE最高峰の王者に輝きます。

 

 エリミネーション・チェンバー戦とは?

3.2kmの鎖、総重量10tの鋼鉄を編みこんだ直径11m、高さ5mの金網の中に4つのガラスで出来た小部屋とリングが存在する中で行われる。基本的に6人で行われる試合形式で、最初に2人がリングで戦い他の4人はガラスの小部屋に閉じ込められて待機する。試合開始5分経過後は、ランダムでガラスの小部屋で待機していたレスラーが5分間隔で1人ずつ開放され試合に加わる。フォール、ギブアップで退場となり、最後まで残ったレスラーが勝者となる。(wikipediaより)

 

 

まずは前回のPPV「ロイヤルランブル」のWWE王座戦で素晴らしい試合を見せた、ジョン・シナAJスタイルズのふたりでスタート。観客の期待値もこのふたりに注がれている模様。とりわけAJへの声援が大きい。AJだったら素晴らしいレスリングを観せてくれるに違いない、というWWEユニバース達からの信頼度の高さが伝わってきます。

「小部屋」からの5分ごとの入場順はディーン・アンブローズ、ブレイ・ワイアット、バロン・コービン、ザ・ミズの順番。脱落者はコービン、アンブローズ、ミズ、シナの順。最後はAJとワイアットの一騎打ち。王座奪還を目指すAJの技のラッシュが続きますが、最後は逆転のシスター・アビゲイルでワイアットが新WWE王者に輝きました。結果、「レッスルマニア」におけるブレイ・ワイアット vs ランディ・オートンWWE王座戦が決定しました。 

 

 

HMB最強サプリ!バルクアップHMBプロ

WWEネットワーク加入ガイドはこちらから

 

LEGENDS WITH JBL STAN HANSEN FEBRUARY 07, 2017 対談番組「レジェンド・ウィズ・JBL」にスタン・ハンセン登場。もちろん日本マット界の話で盛り上がりました!

レジェンド

f:id:wwe-shunya:20170213204205p:plain

 

 JBLがホストを務める対談番組「レジェンド・ウィズ・JBL」のゲストに「ホール・オブ・フェイマー」スタン・ハンセンが登場しました。

 

フットボール選手からプロレスへの転向、大学の先輩であるファンクスとブルーザー・ブロディとの再会、WWFの帝王ブルーノ・サンマルチノ首折り事件、新日本での猪木、全日本での馬場との出会い、アンドレ・ザ・ジャイアントとの関係、AWA世界王者時代、東京ドームでのベイダーとの伝説の一戦、などなど約40分。時間短すぎて、これ1回で終わりじゃもったいないよなあ。。。

 

もちろん全編英語ですが、昭和プロレスファンならハンセンのキャリアは頭に入っていると思いますので、だいたい何を話しているかだいたいわかると思います。

 

WWEは日本のプロレス史もきちんと「歴史」として織り込んで、世界史的な「プロレス史の教科書」を作り上げる作業を現在行っています。この番組でハンセンの紹介時にまず「元トリプル・クラウン・チャンピオン(三冠ヘビー級王者)」と紹介されました。日本マット界との関係で賛否両論あるWWEですが、プロレスの歴史と真摯に向き合っている姿勢は素晴らしいと思います。

  

 

新卒・中途システムエンジニア・プログラマー募集【富士通・NECとの太いパイプで安定した基盤を確保】

WWEネットワーク加入ガイドはこちらから

 

 

 

WWE ROYAL RUMBLE 2017 JANUARY 29, 2017 WWEの魅力はやはり圧倒的なスケール感にあり!5万2千人の観衆を集めた「ロイヤルランブル2017」は最高の雰囲気でした!

ペイパー・ビュー・イベント

f:id:wwe-shunya:20170201040550p:plain

 

テキサス州サンアントニオの「アラモドーム」に5万2千人の大観衆を集め開催された2017年1発目の「RAW」&「Smack Down Live」合同PPVイベント「ロイヤルランブル」。なんといっても「アラモドーム」大観衆の雰囲気が最高でした!

ゴージャスで、スケール感満点の「これぞWWEのビッグイベント」といった趣きで、WWEの底力を見せつけられた大一番でしたよ!

 

◼️ RAW女子王座

シャーロット・フレアー vs ベイリー

現代女子プロレス最高峰、シャーロットの女子王座にベイリーが挑戦。高い人気のベイリーですが、やはり心技体最高のコンディショニングを誇るシャーロットが圧倒。中盤に見せたベイリーのマッチョマンばりのダイビング・エルボーは素晴らしかったが、最後はシャーロットが立体的なムーヴでしっかり締めました。今のところ彼女を打倒できるのはASUKAかナイア・ジャックスくらいしか見当たりません。

 

◼️ ユニバーサル王座戦

ケビン・オーウェンズ vs ロマン・レインズ

ケビン・オーウェンズとクリス・ジェリコの「ベストフレンズ」と抗争中のロマン・レインズ。決着戦というべきノーDQ戦はさながら「TLCマッチ」の趣き。レインズが机、ケビンが椅子を駆使。試合の焦点はケビンがこしらえた「パイプ椅子タワー」をどのようなカタチでぶっ壊すか、でした。最後は最近大暴れ中の巨漢ブラウン・ストローマンが乱入しレインズをメッタ打ち。ケビンが棚ぼた式に王座を防衛。なかなか見応えのある一戦でした。

 

◼️ クルーザー級王座戦

リッチ・スワン vs ネヴィル

クルーザー級部門の「205Live」がイマイチパッとしない中、起爆剤として参加させられた?スーパースターのネヴィルがチャンピオンのリッチ・スワンに挑戦。やはり格の違いを見せつけ、ネヴィルが新王者に輝きました。線の細い選手が多い「205Live」の中でネヴィルの存在感はやはり圧倒的です。

 

◼️ WWE王座戦

AJスタイルズ vs ジョン・シナ

昨年はAJにシングルで挑むも敗れ去ったジョン・シナが、リック・フレアーの記録に並ぶべく16度目の世界王座戴冠に向けて再び始動しました。入場時からアラモ・ドームの熱狂は最高潮!この一戦に対する期待度の高さがわかります。驚いたのはシナがフレアーやハーリー・レイスといった「老雄」の佇まいになっていること。いつまでもヤング世代の象徴だったシナも、すでに超ベテランの域に入っているという現実。ひとつひとつのムーヴを丁寧に紡ぎながら、現代最高のレスラーであるAJの猛攻を凌いでいきます。最後は見事にピンフォールで16度目の世界王座奪取。なかなか感動的な一戦でした!

 

◼️ ロイヤルランブル

30選手参加のロイヤルランブル戦。まずはビッグ・キャスとクリス・ジェリコの対戦でスタート!以下は入場順となります。

カリスト>モジョ・ローリー>ジャック・ギャラハー>マーク・ヘンリー>ブラウン・ストローマン>サミ・ゼイン>ビッグ・ショー>タイ・デリンジャー>ジェームス・エルスワース>ディーン・アンブローズ>バロン・コービン>コフィ・キングストン>ザ・ミズ>シェイマス>ビッグ・E>ルセフ>セザーロ>ザビア・ウッズ>ブレイ・ワイアット>アポロ・クルーズ>ランディ・オートン>ドルフ・ジグラー>ルーク・ハーパー>ブロック・レズナー>エンツォ・アモーレ>ゴールドバーグ>ジ・アンダーテイカー>ロマン・レインズ

 

勝者:ランディ・オートン

 

NXTからの昇格組の登場といったサプライズはなし。

レズナー、ゴールドバーグ、アンダーテイカーの登場は、さすがにVIP感を感じさせるものがありました。

レッスルマニア」前後で強力なプッシュが予想されるレギュラー陣は、ブラウン・ストローマン、ビッグ・キャス、バロン・コービンあたり。 ユニバーサル王座戦に敗れたロマン・レインズが最後に登場したのはイマイチでしたね。観客はロマンの勝ち残りという「嫌な予感」を察知しブーイングを送っていました。

最後はランディ・オートンが勝ち残りました。怪我も治ったようで、これからWWE世界王座への返り咲きに向けて、レッスルマニアに向けどういったアングルが展開されるか楽しみです。

 

 

無制限!低価格!利便性抜群!
Wi-FiならU-mobile*E!

 

WWEネットワーク加入ガイドはこちらから

 

 

WWE NXT TAKEOVER SAN ANTONIO JANUARY 28, 2017 中邑真輔NXT王座陥落!しかしボビー・ルードと「古き良き80年代NWA世界戦的」な試合を観せてくれました!

NXT

f:id:wwe-shunya:20170208001507p:plain

 

2017年1発目の「NXT」ビッグイベント「テイクオーバー・サンアントニオ」はテキサス州サンアントニオ「フリーマン・コロシアム」で開催!

 

◼️シングル戦 

タイ・デリンジャー vs エリック・ヤング

何をやっても観客の「10(テン)」コールで大ブレイク中のタイ・デリンジャー(オールド・ファンは谷津嘉章の「オリャ!」でイメージして下さい)と、今NXT売り出し中のヒール・ユニット「サニティ」のエリック・ヤングのシングル戦。終始タイ・デリンジャーのペースで試合は進みましたが、最後はセコンドの介入を使ってヤングが逆転勝利。いまいち方向性の見えない一騎打ちではありました。

 

◼️シングル戦

アンドラーデ・シエン・アルマス vs ロデリック・ストロング

中邑真輔と同期的にNXT入りした「元ソンブラ」のアンドラーデ。真輔とは正反対で、その「GQ的」なセレブ・キャラが全くWWEファンの支持を得られず、とっても気の毒な「不人気」状態が続いています。今回はROHから移籍した売り出し中のロデリック・ストロングとシングル戦。ロデリックはディーン・マレンコ・タイプの「本格派」レスラー。結果はガッチリとロデリックがピンフォール勝ち。正直、アンドレイドは「噛ませ犬」的な存在になりつつあります。「極悪」系ヒール転向など、早急にキャラ・チェンジしないとこのままフェードアウトしそうな雰囲気です。

 

◼️NXTタッグ王座戦

DIY(トマソ・チャンパ&ジョニー・ガルガノ) vs ジ・オーサーズ・オブ・ペイン(w/ポール・エラリング)

NXTユニバースから絶大な支持を受けている技巧派タッグ「DIY」が、ポール・エラリングが率いる現代版ロード・ウォリアーズ「ジ・オーサーズ・オブ・ペイン(以下AOP)」を相手にNXTタッグ王座の防衛戦。体格はクルーザー級の「DIY」がスーパーヘビー級のふたりをテクニックでどう料理するかが焦点でしたが、AOPのナチュラルパワーの前に敗れ去りました。AOPはまだ若手ゆえの「遠慮」が見られるのが、いまいちブレイクに至らない原因かと思われます。彼らのパワーを全開できるヘビー級タッグのライバル登場が急務だと思われます。

 

⬛️ セス・ロリンズ乱入、HHH登場

このセス・ロリンズの乱入により、翌日の「ロイヤルランブル」への出場停止処分が下されました。セスは「レッスルマニア」でのHHHとのシングル戦への伏線と思われますが、実際セスは怪我で欠場の状態であり、「レッスルマニア」で彼らのシングル戦が実現するかどうかは今のところ未定です。

 

⬛️NXT女子王座4ウェイ戦

アスカ vs ビリー・ケイ vs ペイトン・ロイス vs ニッキー・クロス

NXT女子部門の「絶対王者」アスカに今回挑戦するのはビリー・ケイ&ペイトン・ロイスの「セレブ系熟女タッグ」とヒール軍団「サニティ」のメンヘラ系元気女子ニッキー・クロスの4ウェイ戦。試合は意外と場外を使ったハードコア風味の展開になり、アスカ以外の3人も持ち味を発揮しましたが、実力ではやはりアスカが圧倒的に上。アスカは一瞬で流れを変える強力な蹴りとサブミッションがあるのが強みです。WWEの女子部門で今のところアスカと互角にやり合えるのはシャーロット・フレアーだけだと思います。個人的に早くシャーロット vs アスカが見たい!

 

⬛️NXT王座戦

中邑真輔 vs ボビー・ルード

メインは中邑真輔が、現在大ブレイク中の「グロリアス」ボビー・ルードを相手に迎えたNXT王座戦。もはやNXTにおける真輔人気は絶大ではありますが、ボビー・ルードも現在かなり「オーバー」しています。名前や見た目からして「ラビシング」リック・ルードを彷彿させますが、80年代NWA王者時代のリック・フレアーや「フォー・ホースメン」辺りのヒール・チャンプ的な雰囲気がアメリカのファンからも支持されている要因かと思います。実際この試合は80年代NWAを彷彿させるオールド・ファッションなプロレスを観せてくれました。最後はルードが王座を奪取しましたが、真輔がそんなNWA的なプロレスにアジャストしているのが結構見モノです。真輔が今後NXTに留まるのかWWE昇格なるのかは現時点ではわかりませんが、NXTで一区切りついたので、メジャー昇格は時間の問題だと思います。今後の展開に期待しましょう!

 

 

   

海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

 

 

WWEネットワーク加入ガイドはこちらから

 

 

 

WWE NXT TAKEOVER NOVEMBER 19, 2016 中邑真輔とASUKAがメインを張ったNXT本場所トロント大会。「世界」から支持される「メジャーリーガー」。彼らは日本の誇りです!そして12.3大阪凱旋!

NXT

f:id:wwe-shunya:20161121233513p:plain

 

中邑真輔サモア・ジョー相手にNXT王座防衛戦、ミッキー・ジェームスはアスカのNXT女子王座に挑戦するために帰ってきました。

 

3ヶ月ぶりのご無沙汰、NXTのビッグイベント「TAKEOVER」トロント大会!第1試合から観客は完全に「出来上がっている」状態。会場もギッチリ超満員でトロントでのWWE熱は相当高いです!

 

◼️ シングルマッチ

ボビー・ルード vs タイ・デリンジャー

 

ダスティ・ローズ・タッグ杯で仲間割れしたふたりの因縁決着戦!日本では中邑とアスカの大ブレイクが話題ですが、それに次ぐブレイクは、間違いなくTNAから移籍したこのボビー・ルードである事は間違いないでしょう。アメリカ人が大好物な、鼻持ちならないセレブリティ・キャラ。イメージとしてはリック・フレアー率いた「フォー・ホースメン」系のNWA直系キャラ。ファイト内容はいたってオーソドックスでアーン・アンダーソンみたいなレスラーですが、入場テーマ曲「グローリアス」で完全に「持って行きます」!今大会は聖歌隊の生コーラスが大フィーチャーされており、入場シーンだけで超アガります!タイ・デリンジャーも「10(テン)!」でブレイクしてますねえ。何をやっても観客が「テン!」ってコールします。90年代全日本の谷津嘉章「オリャ!」を思い出します。。。

 

◼️ ダスティ・ローズ杯タッグトーナメント決勝

ジ・オーサーズ・オブ・ペイン vs TM-61(TMDK)

 

NXTの「最強タッグ」を決める「ダスティ・ローズ杯タッグ・トーナメント」、決勝は「ロード・ウォリアーズ」のマネージャー、ポール・エラリングが発掘した怪物タッグ「ジ・オーサーズ・オブ・ペイン」と、元プロレスリング・ノア所属のGHCタッグ王者「TM61(TMDK)」の対戦。個人的には「TM61」のふたりは80年代の「ミスター・パーフェクト」カート・ヘニングや「ザ・モデル」リック・マーテル的な雰囲気で、このマッチメイクは非常に「AWA」系の雰囲気漂う、マニア向けのマッチメイクだと感じました。結果「ジ・オーサーズ・オブ・ペイン」がパワーでねじ伏せて優勝を飾りましたが、TM61のふたりは将来WWEのシングル戦線でトップを取るであろう「逸材」だと思います。これから先、ふたりの躍進が楽しみです。逆に言えば「ジ・オーサーズ・オブ・ペイン」はこれからがしんどいと思います。

 

◼️ NXTタッグ王座戦

ジ・リヴァイバル vs DIY(ジョニー・ガルガノ&トマソ・チャンパ)

 

安定の「NXTタッグ王座戦」名勝負数え歌。今回は3本勝負による決着戦!試合内容が安定し過ぎて、どっちが勝ってもそれで良し!みたいな雰囲気になってます。最近は「便利屋」的な役割だったDIYが久々のNXTタッグ王座奪取。ひとまず、新しい展開を期待します。

 

◼️ NXT女子王座

ASUKA vs ミッキー・ジェームス

 

NXT女子部門の「絶対王者」と化したアスカの勢いを止めるべく、刺客として送りおこまれた元WWE女子王者ミッキー・ジェイムス。リングサイドの観客に配布されたのか、入場時、リングサイドの観客皆がアスカの「お面」を被るという粋な演出!試合はさすが元女子王座に何度も輝いたミッキーが、ベテランらしい安定感のある試合運びを見せましたが、さすがにアスカの勢いを止める事はできず。最後は強引なサブミッションでアスカが王座防衛。王者として12.3NXT大阪大会に凱旋します。

 

◼️ NXT王座戦

中邑真輔 vs サモア・ジョー

 

そして今回のNXTの「本場所テイクオーバー」メインを飾るのが、王者中邑にサモア・ジョーが挑戦するNXT王座戦。前回の「TAKEOVER ブルックリン」で好評だった中邑の入場テーマ曲生バイオリン演奏が、今回はなんと10人に増殖!リング内外を取り囲むヴァイオリニストの演奏の中での中邑の「イヤウォ!」パフォーマンスは感動的!世界に通用するエンターテインメント。この入場を観るだけでも「WWEネットワーク」に加入する価値ありです!しかし試合の方は今回、サモア・ジョーが圧倒しました。中邑の繰り出す技をカウンターで見事に切り返す、といった攻防が繰り返され、最後はフィン・ベイラーを撃破したマッスル・バスターで王座返り咲き!今回ジョーの気合は凄かった。12.3大阪大会でも王座を賭けてメインで戦う両雄。中邑の凱旋王座奪回も期待されますが、果たしてどうなる!

 

今回改めて思いましたが、「試合重視」のNXT「本場所テイクオーバー」はやはり見応えあります!日本のプロレスファンは「RAW」や「スマック」よりもまずは「NXT」を観て欲しいと思います。12.3大阪エディオンアリーナ大会もWWEネットワークで放送されるかも、という噂もありますので、ぜひWWEネットワーク加入をオススメします!

 

 

【乳酸ダイエット】40分で手に入れる「ジブン」ブランド!

WWEネットワーク加入ガイドはこちらから

HELL IN A CELL WWE HELL IN A CELL 2016 OCTOBER 30, 2016 サッシャ・バンクス vs シャーロット、米プロレス史上初の女子による「金網デスマッチ・メインイヴェント」が実現です!

ペイパー・ビュー・イベント

f:id:wwe-shunya:20161105235043p:plain

悪魔のような「ヘル・イン・ア・セル」でサッシャ・バンクスのRAW女子王座を含む3大王座戦が行われます。

 

ボストンで開催されたRAWペイパー・ビュー・イベント「ヘル・イン・ア・セル」!

US王座、WWEユニバーサル戦、RAW女子王座戦の3つの王座戦が「金網デスマッチ決着戦」として行われます!

 

一度は食べたい燻製専門店による「おせち」!

 

⬛️ US王座戦(ヘル・イン・ア・セル戦)

ローマン・レインズ vs ルセフ

WWE世界王者のローマンが格落ちし、出直しロードとして獲得したUS王座。前王者ルセフとのヘル・イン・ア・セル戦はかなりの消耗戦となりました。ルセフは金網だけでなく、ステップ(階段)や凶器を積極的に使用、終盤のステップとチェーンを使ったアコレード(キャメルクラッチ)は見事な「デスマッチの光景」を観せてくれました

が、最後は自力で勝るローマンがステップに叩きつけるサモアン・ドロップからスピアーでピンフォール勝利!会場不人気のローマンの風向きも少し変わり、観客の支持が戻ってきている雰囲気があります。

 

⬛️ 女子部門シングル戦 ベイリー vs デイナ・ブルック

今後のRAW女子部門を担っていくベビーフェイスとヒールのふたりがシングル戦で一騎打ち!最後はベイリーが必殺のベイリー・トゥ・ベリー(フロント・スープレックス)でピンフォール勝利!まだまだ全体的にバタバタした印象ではあります。

 

⬛️ タッグマッチ エンツォ・アモーレ&ビッグ・キャス vs ルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン

期待されつつもなかなかWWEのタッグ王座に手が届かない「倶楽部」のふたりが、WWE随一の会場人気を誇るエンツォ・アモーレ&ビッグ・キャスとノンタイトルで対戦!ダイナミックなエンツォ&キャスを最後は必殺の「マジックキラー」で仕留めましたが、勢い自体はエンツォ&キャスが上回っていました。特にビッグ・キャスは間違いなく将来のWWE正解王座戦線に絡んでくるであろう逸材。残念ながらギャローズ&アンダーソンのタッグ王座獲得の機運が少し薄れてきている雰囲気が感じられます。

 

⬛️ WWE ユニバーサル王座戦(ヘル・イン・ア・セル戦)

ケビン・オーウェンズ vs セス・ロリンズ

今大会2試合目の「ヘル・イン・ア・セル戦」はWWEユニバーサル王座を賭けたオーウェンズとロリンズの因縁対決。テーブル攻撃の「解禁」など昔のエクストリーム路線を復活させたような一戦。最後は椅子の上へのパワーボムオーウェンズがピンフォール勝利!現在WWEきっての「小悪党」キャラになったオーウェンズですが、次第に王者の風格も身につけており、そのラフ&テクニックにどんどん磨きがかかっている印象です!

 

⬛️ WWEクルーザー級王座戦

T.J.パーキンス vs ブライアン・ケンドリック

クルーザー級クラシック」参加選手の中で初代王者、T.J.パーキンス第一の刺客となったのは飯伏幸太と互角の名勝負を見せたブライアン・ケンドリック。王者T.J.P.は空中技をポンポン繰り出してブライアンを攻め込むが全体的に技が軽く、会場の支持を得ることができない。最後はサイコロジーに長けたブライアンが必殺のサブミッションを決め、第2代クルーザー級王者に。今後、クルーザー級クラシックに参加した選手がRAWに続々登場すると思われますので、王座戦線は加熱していくと予想されます。

 

⬛️ RAWタッグ王座戦

ニュー・デイ vs セザーロ&シェイマス

異例の同一カード「シングル7番勝負」を経てタッグ結成と相成った、セザーロとシェイマス。仲良く喧嘩した結果タッグ結成。安定政権と化した「ニュー・デイ」のタッグ王座に挑戦しました。試合はセザーロ&シェイマスが終始ペースを握っていましたが、最後はセコンド介入で反則勝利。ルールによりニュー・デイの王座防衛となりました。

 

⬛️ RAW女子王座戦(ヘル・イン・ア・セル戦)

サッシャ・バンクス vs シャーロット

米国プロレス史上初の女子同士の金網戦メインイヴェントという「歴史的一戦」!会場人気は圧倒的にサッシャでしたが、実力的にはやはりシャーロットが圧倒。お互い机や椅子を駆使してのハードコアな一戦になりましたが、最後は強引に机に叩きつけてシャーロットがピンフォール勝利、3度目のRAW女子王者に返り咲きました。「歴史的一戦」だけあって、シャロットが金網てっぺんからのムーンサルトという相当インパクトのある展開も予定されていたとのことですが、最近怪我の多いサッシャが「受け切れない」と首脳陣に判断され実施されなかったようです。もし実施されていたらアンダーテイカーのミック・フォーリー戦や、今年のシェイン・マクマホン戦のような「ヘル・イン・ア・セル史」に残る名場面になっていた事でしょう。現在の女子プロレス界でダントツの実力を誇るシャーロットの牙城を誰が崩すのか、注目されます。次の抗争相手はベイリーが予定されている模様です。

 

 

WWE NO MERCY 2016 OCTOBER 09, 2016 今大会最大の注目は「ドルフ・ジグラー負けたら即引退スペシャル」!そしてWWE王座戦がオープニングマッチという異例の「逆取り方式」!

ペイパー・ビュー・イベント

f:id:wwe-shunya:20161013193207p:plain

 

AJスタイルズジョン・シナそしてディーン・アンブローズがWWE王座を巡って戦います。更にドルフ・ジグラー、ベッキー・リンチなどなど!

 

スマックダウンLIVEのペイパー・ビュー・イベント「ノー・マーシー」が、カルフォルニアサクラメントにて開催!4万人以上の大観衆が集まりました!

今大会最大の注目はザ・ミズ vs ドルフ・ジグラーのインターコンチネンタル王座戦

ジグラーはこの一戦に自らのWWEキャリアを賭けており、いわゆる「ドルフ・ジグラー負けたら即引退スペシャル」です。ネットでもこのままジグラーは本当に引退してWWEの裏方に回るのではないかという噂もあって、注目の一戦です!

 

東洋医学で理想の寝方とされる横向き寝をサポートする枕

 

▪️ WWE王座トリプルスレット

AJスタイルズ vs ジョン・シナ vs ディーン・アンブローズ

 

オープニングマッチは、いきなりWWE王座を巡る三つ巴戦のメインイヴェント戦からスタートという「逆取り方式」!この試合順は大統領候補者の討論会が影響しているとのこと。

ジョン・シナがリック・フレアーの記録と並ぶ16度目の世界王座返り咲きなるか!?が最大の焦点でした。

試合はシナとアンブローズがダブルのサブミッションを決めAJがタップアウト。しかし三つ巴戦では勝者はひとり。AJのタップアウトは無効とされます。最後は現在、心技体最高のコンディションにあるAJがシナからピンフォールを奪いWWE王座戦を防衛しました。3人とも素晴らしいコンディションで、誰が世界王者になっても文句を言うファンはいないと思いますが、現時点ではAJがずば抜けているのは間違いないですね!

 

▪️ 女子シングル戦

ニッキー・ベラ vs カーメラ

首の重傷から復帰したWWEのトップ・ディーヴァ、ニッキー・ベラと、NXTから昇格以来、執拗にニッキーを襲撃しまくったカーメラのシングル戦!最後はニッキーが今までのボコられた借りをきっちりピンフォールというカタチで返しました。

 

▪️ スマックダウン・タッグ王座戦

ヒース・スレーター & ライノ vsジ・ウーソズ

窓際族コンビのSDタッグ王者がウーソズとの防衛戦!窓際族といってもふたりのコンディションは良いようです。最後はライノが必殺のゴアでピンフォール勝利。

 

▪️ シングル戦

ジャック・スワガー vs バロン・コービン

抗争を続けている二人のこれが決着戦となるのか!?最後はコービンがピンフォール勝利。ふたりの抗争は当面は続きそうです。

 

▪️ WWEインターコンチネンタル王座戦 タイトル vs キャリア

ザ・ミズ vs ドルフ・ジグラー

こちらも抗争を続けている二人の決着戦!最近ビッグマッチでの負けが込んでいるジグラーは自らのWWEの引退を賭けての王者ミズへの再挑戦!ジグラーは負けたらWWEを引退するルールという「ドルフ・ジグラー負けたら即引退スペシャル」!実際、今大会一番のベストマッチとなりました。最後はジグラーが5度目のインターコンチ王者に返り咲き、自らのWWE引退も回避することができました。

 

▪️ 女子シングル戦

アレクサ・ブリス vs ナオミ

スマック・ダウン女子王者ベッキー・リンチが負傷のため試合を欠場。挑戦者アレクサの相手はナオミに変更、ノンタイトルのシングル戦になりました。試合はあっさり風味でナオミが勝利。ベッキー・リンチの顔見せも一切なしで、ちょっとアレクサが不憫な一戦でした。

 

▪️ シングル戦

ランディ・オートン vs ブレイ・ワイアット

 

今大会メインを飾ったのは前回PPV「バックラッシュ」で当日お流れとなったふたりのシングル戦の再戦です。試合は終始ランディのペースで進み、ピンフォール勝利直前で会場の照明が暗転! ランディの目の前にいきなりルーク・ハーパーが立ちふさがる。乱入者に気を取られた隙をついてワイアットがピンフォール勝利。ワイアット・ファミリーとランディの抗争は今後どうなっていくのか?まったく予測がつきません。

 

 

 

NXT 356 SEPTEMBER 28, 2016 NXT 356 SEPTEMBER 28, 2016  10月からNXTで「ダスティ・ローデス杯タッグチーム・クラシック」開催決定!なんとヒデオ・イタミ&飯伏幸太組の参加決定!これは大注目です!

NXT

f:id:wwe-shunya:20160930223107p:plain

 

メインイベントでリンセ・ドラドと対戦するヒデオ・イタミの勢いはいまだ止まらないようです!

 

クルーザー級クラシック」に続くWWEのトーナメントとして、10月から「ダスティ・ローデス杯タッグチーム・クラシック」がNXTで開催される事が決定しました!

 

10/5まで10%OFF!アルクのNo.1英語教材、1000時間ヒアリングマラソン

 

まずはNXTユニバースからの支持の高いタイ・デリンジャーと、TNAから移籍し大ブレイク間近のボビー・ルードが「パーフェクト」なタッグ結成を表明。

 

NXTタッグ王者「ジ・リバイバル」、トマソ・チャンパ&ジョニー・ガルガノ、「オーサーズ・オブ・ペイン」といったトップどころに加えて、アンドラデ・シエン・アルマス&セドリック・アレキサンダー、あとこの番組中には言及されませんでしたが、ヒデオ・イタミ&飯伏幸太のチームも参戦決定したようです!

 

女子王者アスカも登場!リヴ・モーガンを秒殺!

 

最近のNXTは主力選手によるジョバー相手のスクワッシュ・マッチ(短時間決着のプロモ的な試合)が多いので、当面はこの「ダスティ・ローデス杯タッグチーム・クラシック」の展開に期待大ですね!

 

 

 

 

WWEネットワーク加入ガイドはこちらから